【10個】ABCクリニックと上野クリニックを比較してみた!

  • ABCクリニックと上野クリニックだったら、何が違うの?
  • 3万円包茎の代名詞ABCクリニックの方が、もちろん費用は安いよね?
  • なんだかんだで上野クリニックの方が有名だから、そっちが良くね?

 

包茎

 

ABCクリニックにしても、上野クリニックにしても、今では包茎クリニックの代名詞のような存在になってきています。

 

ただ、2か所から手術を受ける必要がないのが現実ですから、どちらかで悩まれているのなら絞る必要がありますね…。

 

ABCクリニックも上野クリニックも、それぞれ似たところもあれば独自性がある特徴的なところもあります。

 

このページでは、包茎手術を受けようと考えている人が求める傾向にあるポイントを10項目ピックアップして、ABCクリニックと上野クリニックの特徴を比較しています。

 

他では知れない包茎治療の手術法や治療費の違いなどもご紹介しています。

 

もしもあなたが、ABCクリニックと上野クリニックのどちらで包茎手術を受けようか迷われているのであれば、今すぐ以下を読んでみて下さい。

 

 

公式 公式

 

包茎治療の費用比較

 

まずは各クリニックの費用から比較していきます。

 

診察風景

 

ABCクリニックの場合、費用は以下の通りです。

 

  • ABC式CSカット 50,000円
  • ABC式Sカット 100,000円
  • ABC式真性包茎Sカット 150,000円
  • ABC式カントン包茎Sカット 150,000円
  • 亀頭・陰茎増大吸収タイプ 40,000円
  • 亀頭・陰茎増大定着タイプS 75,000円
  • 亀頭・陰茎増大定着タイプSS 125,000円
  • 切らない長茎術 150,000円
  • 埋没部露出術300,000円
  • 早漏防止治療吸収タイプ 40,000円
  • 早漏防止治療定着タイプS 75,000円
  • 早漏防止治療定着タイプSS 125,000円

 

CSカットは仮性包茎向けの手術であり、「クランプ」と呼ばれる器具を使った手術法になります。

 

クランプを使った器具だと、必ず傷跡が残ったり、目立ったりしてしまうわけではありませんが、場合によってはそうなってしまう可能性があるということです。

 

より見た目を重視した手術を希望される場合には、Sカットを選択することが勧められますが、これは医師の「手作業」がメインの手術法です。

 

SカットはCSカットに比べて手作業メインということもあり、ツートンカラーなどの見た目のデメリットが払しょくされやすい特徴があります。

 

また、Vカット(20万円)やTVカット(35万円〜50万円)といった亀頭直下埋没法を基本とする、より特殊な美容手術法も準備されています。

 

ABCクリニックでは、来院予定日の3日前までに予約すると適用されるような治療費の割引きサービスも随時実施されている点も覚えておくと良いでしょう。

 

無料カウンセリングを申し込んだ後の電話確認の際などに、治療費のサービスが気になる人は相談してみると良いでしょう。

 

次に上野クリニックの費用です。

 

  • 包茎手術 ナイロン糸を使用した環状切開術 72,000円
  • 包茎手術 吸収糸を使用した環状切開術 100,000円
  • 美容治療手術費 110,000円から600,000円
  • ヒアルロン酸注入タイプ1 120,000円(1本)から600,000円(5本)
  • ヒアルロン酸注入タイプ2 150,000円(1本)から750,000円(5本)
  • ヒアルロン酸注入タイプ3 180,000円(1本)から900,000円(5本)

 

記載された費用はすべて税抜価格です。

 

ナイロン糸か吸収糸かで、術後に抜糸が必要か不要かの違いがあります。

 

見た目を重視した治療を希望する場合は、環状切開術の費用にプラスして美容治療手術費が必要となります。

 

マックスで費用がかかったとして、プラス60万円となります。

 

実際のところ、環状切開術にプラス11万程度といった値段で美容面に配慮した包茎手術を受けられている男性も多いようです。

 

上野クリニックのハンドメイドの包茎手術として、有名な治療名があります。

 

それが「複合曲線作図法」という名の包茎治療法です。

 

上野クリニックのこの複合曲線作図法にあたるのが、ABCクリニックだと「Vカット法」だといわれています。

 

包皮の切除ラインを目立たない亀頭直下にするだけでなく、裏側の包皮小帯といわれる、いわゆる裏筋を綺麗に残す手術法です。

 

縫合針一つとっても非常にこだわりが込められており、包皮の表と裏で使う切開道具が違うなど、上野クリニックならではのハイレベルな手術法となります。

 

裏筋をスパッと切り取られてしまい、裏から見ると不自然な見た目になってしまうケースが多々あり、こだわる人はそれを嫌って上野クリニックの複合曲線作図法を選択されるようです。

 

環状切開術は、泌尿器科でも行われている一般的な包茎手術になります。

 

泌尿器科で手術を受けたくないため、自由診療の上野クリニックで環状切開術を目的で来店される方もおられます。

 

やはり、同じ手術方法でも担当する医師の技術力には差が出やすく、上野クリニックはその点において専門クリニックということで高く評価されています。

 

同じ包茎治療でも、クリニックごとに費用やプランは違いますので事前にチェックしておきましょう。

 

手術法の違い

 

包茎治療における手術法の違いですが、やはりクリニックによって違いが出ます。

 

ABCクリニックの場合、仮性包茎ならCSカットとSカット、さらに真性包茎Sカットとカントン包茎Sカットの4つの方法が用意されています。

 

包茎の種類によって明確に費用を分けられているので、ある意味では安心でもあります。

 

多くの包茎手術クリニックでは、包茎の種類によって費用分けされておらず、ブラックボックス化しているケースが多々あります。

 

その点、ABCクリニックはご自身の包茎タイプに合わせて事前に費用の目安を把握しやすい点も人気の秘訣ではないでしょうか。

 

上野クリニックでは環状切開術が基本で、ナイロン糸か吸収糸か、使用する糸が違う2つの方法があります。

 

環状切開術が基本の治療となりますが、より美容的な手術を求められる場合には、包皮の状態によって追加で費用が発生します。

 

ツートンカラーを避け、形の良い仕上がりを希望される場合には、上野クリニックのカウンセリングの際に相談して費用を決めるという流れになります。

 

安心な点としては、上限が設定されている点であり、これによって桁が違うような費用の請求を心配する必要がありません。

 

スタッフの性別は?

 

スタッフの性別も気になるところです。

 

美人看護師

 

一般の泌尿器科に診察にいくと、普通に女性看護師に問診されたり、女性の患者さんがいる中で問診されたりすることもあります。

 

診察が始まると、女性看護師さんは退室してくれる病院もあれば、真横に立って見守る病院もあり、この辺は病院独自の風習によるといったところです。

 

私が以前、大学生だった時の話ですが…。

 

無知の極みと言わんばかりに、フォアダイスを性病だと勘違いしてしまい、泌尿器科に診せに行ったことがありました。

 

その際には、30歳くらいの女性看護師さんが終始、診察室に同室されており、「性病じゃないから安心ですよ」と慰められたことは、今となっても恥ずかしい思い出となっています…。

 

その点、ABCクリニックでは、カウンセリングは男性スタッフが対応するようになっています。

 

上野クリニックもまた、在籍スタッフすべて男性と公式サイトにも記載されており、女性スタッフは在籍していません。

 

包茎という独特の悩みに対して、男心を理解されている両クリニックであれば、女性の目で恥ずかしい思いをすることは無いでしょう。

 

予約方法

 

ABCクリニックで予約をする場合、公式サイトからオンライン予約が可能です。

 

そのほかの方法としては、電話かメールで可能です。

 

ABCクリニックの電話受付は営業時間内となっており、10時〜20時が基本となっています。

 

24時間可能なオンライン予約だと、電話で話す手間が省けて便利です。

 

上野クリニックで予約をする場合も基本は同じです。

 

公式サイトから無料のカウンセリング予約を行います。

 

24時間受付の「電話相談」も可能です。

 

とはいえ、包茎手術の予約を歯医者の予約のように気楽に問い合わせる人は少ないでしょうから、基本はWEB予約になるかと思います。

 

そうなると、電話受付の時間の違いは、比較して違いをアピールするほどのことではないといえます。

 

参考:全国の包茎治療院を探して予約する

 

カウンセリングの有無や内容

 

ABCクリニックでは、予約後にまずカウンセリングが行われます。

 

担当医師が手術法や内容の説明を行い、術後のシミュレーションなども行います。

 

またこちらから費用について、また手術についてなど、質問や相談することも可能です。

 

上野クリニックも同じく、カウンセリング時に手術についての説明や、質問が可能です。

 

カウンセリング後、当日手術にも対応しています。

 

上野クリニックでは、カウンセリングおよび初診の費用は無料となっていますが、ABCクリニックでは5,000円発生します!

 

カウンセリングのみの場合には、初診料の5,000円が発生するシステムとなっています。

 

ABCクリニックで診察を避けてカウンセリングだけを希望された場合には、医師ではなくカウンセラーとの対話となり、最終的な費用の見積もりが出せないとのこと…。

 

カウンセリングは、実際の費用を確認しにいくのが目的の9割だったりしますので、ABCクリニックでカウンセリングを受けると必ず5,000円発生すると認識しておくと良いでしょう。

 

ただし、ABCクリニックで包茎手術を受けた場合には、このカウンセリング費用は割引してもらえます。

 

術後のアフターケアは?

 

ABCクリニックでは、術後に通院が必要な場合など、状況に応じて医師がアフターケアをしてくれます。

 

費用は手術料金に含まれているため、改めて費用が発生することもありません。

 

上野クリニックでは、24時間対応の無料相談サービスを用意しているほか、全国のクリニックでアフターケアを受けられます。

 

勿論、アフターケアも無料での対応となっています。

 

ABCクリニックと上野クリニック、両方ともアフターケアについての費用は無料となっています。

 

包茎手術も術後に万が一のことがあれば、再度手術のやり直しだったり、治癒が遅ければ診察代や薬代が追加で発生してしまいます。

 

包茎手術後のアフターケアに関して、ABCクリニックも上野クリニックもお金の心配は必要ないでしょう。

 

店舗数の比較

 

ABCクリニックは関東を中心に、全国16のクリニックが存在します。

 

上野クリニックも全国に15のクリニックがあり、店舗数ではほぼ同じ数となっています。

 

両院とも、沖縄に店舗がない点が残念ではありますが…。

 

ABCクリニックは以前、沖縄にも診療所がありましたが、2020年現在は閉院されています。

 

沖縄の人は、有名どころの包茎クリニックである「本田ヒルズタワークリニック那覇院」を候補に入れてみると良いでしょう。

 

クリニックの運営歴は?

 

運営歴に関しては、両クリニックとも公式サイトに明確な記載がありませんでした。

 

ですが、どちらも有名で人気の高いクリニックであることを考えると、運営歴も決して短くなく、歴史あるクリニックと言えるでしょう。

 

一説によれば、上野クリニックは2020年時点で29年もしくは30年の運営歴だといわれています。

 

ABCクリニックも同程度の運営歴があるものと推測されます。

 

実績数

 

ABCクリニックは、2015年度の利用者が「11,000人」を突破しています。

 

上野クリニックは、2018年の調べで「14,734人」となっていて、実績数ではほぼ互角の内容でした。

 

  • ABCクリニック:11,000人
  • 上野クリニック:14,734人

 

どちらも10,000人を超えていますから、全国で多くの人が利用しているのがわかります。

 

ブツブツ除去は可能?

 

ABCクリニックの場合、性病によるブツブツは対応可能と明記されています。

 

2020年現在のABCクリニックキャンペーン「半歩先ゆくABCクリニック」では、ブツブツ治療に関して包茎治療に含まれるため実質無料での除去が可能となっています。

 

これは非常にお得といえます。

 

ブツブツ治療だけで30万近く請求されるケースは珍しくない中、包茎治療費の中で済ませてくれるところはABCクリニック以外に今のところ見当たりません。

 

実際に、東京ノーストクリニックという大手の包茎クリニックでは、フォアダイスやコンジローマの治療費を以下のように設定されています。

 

フォアダイス全周:29万円
コンジローム全周:59万円

 

 

ABCクリニックのブツブツ治療費無料に関しては、対応できる院とできない院があるなど、詳細はカウンセリングの際に確認が必要です。

 

上野クリニックでは、ブツブツ除去の費用は以下のように設定されています。

 

  • 50,000〜600,000円:焼灼・除去する範囲・量・種類により金額は変わります。

 

ここで言う「ブツブツ」とは、いわゆる「フォアダイス」や「真珠様陰茎小丘疹」と呼ばれる症状のことをいいます。

 

性病である尖圭コンジローマなどは、また違った治療法となりますので注意が必要です。

 

ちなみに、上野クリニックには「性病科」も併設されていますので、各種性病(STD)にも保険証なしで対応が可能となっています。

 

  • 淋病 (尿道炎)
  • コンジローマ(コンジローム)
  • 性器ヘルペス
  • トリコモナス
  • 梅毒
  • エイズ(HIV)
  • カンジダ
  • クラミジア
  • 毛じらみ
  • B型肝炎

 

検査から治療まで自由診療で受けられるところが、上野クリニックの特徴の一つとなっています。

 

ABCクリニックでは、性病科はありませんがSTDの検査は1項目1万円から受けられます。

 

また、フォアダイスの治療をはじめとして「長茎」「増大」「早漏防止」「男性器改造」「多汗症・ワキガ」「ED対策」「AGA」も受診することが可能です。

 

その他の比較チェックポイント

 

お得なキャンペーンはある?

 

ABCクリニックは料金が割引になるキャンペーンなど、各種キャンペーンを定期的に実施しています。

 

今どんなキャンペーンをやっているのか、公式サイトでチェックするのも良いでしょう。

 

一方で上野クリニックは、過去の例で言えばキャンペーンを行ったことがないようです。

 

他院修正件数の違い

 

他院修正とは、他のクリニックで手術を受け、その後別なクリニックで再手術を受けることです。

 

包茎手術は繊細な手術であるため、術後に皮の切る量が足りないとか逆に切りすぎたとか…、雑な治療を受けると術後に悩まされます。

 

そういった悩みを解消するのが「他院修正治療」となります。

 

ABCクリニックの他院修正件数は「3,869件」となっています。

 

上野クリニックの他院修正件数は、多数という表記になっていて正確な数字は公開されていません。

 

いずれにせよ両クリニックともに他院修正件数は多いと考えられます。

 

 

ABCクリニックと、上野クリニックの違いについて見てきました。同じ包茎治療をするにしても、さまざまな違いがあることがわかります。

 

細かい違いまで確認し、自分に合ったクリニックを選ぶようにしましょう。そうすれば理想のクリニックが見つかり、悩みの解消につながります。

 

可能であれば、ABCクリニックも上野クリニックも無料でカウンセリングを受けられますので、相見積もりを取る意味でも両院に足を運んでみると良いでしょう。


 

公式 公式

 

【コラム】包茎治療すると感度が落ちる?

 

包茎を治療すると感度が落ちたと感じる男性がいます。

 

性感帯が切れていることが原因なのですが、治療によって切れることはあるのでしょうか。

 

包茎治療と感度低下の関係

 

包茎治療にはいくつかの方法がありますが、代表的な方法が余分な皮をメスで切除するものです。

 

皮を切ることで亀頭を露出した状態にし治療するので、高い効果を期待できるのが特徴です。

 

ただ、この方法は感度が低下してしまうリスクも抱えています。

 

なぜか、それは皮を切除する時に一緒に性感帯に当たる部分も切除してしまうからです。

 

性感帯としては諸説ありますが、主に包皮小帯(裏筋)部分に集まっているといわれています。

 

もちろん必ずそうなるのではなく、いわゆる手術の失敗としてこうしたケースが見られます。

 

運悪く性感帯まで切られてしまった男性は、包茎は治ったものの感度が落ちて別な問題を抱えることになってしまいます。

 

医師のスキル不足が原因

 

こうしたトラブルが起きる原因は、主に医師のスキル不足です。

 

技術力が不足していると治療中にミスをしてしまうことがあり、これが感度低下を招きます。

 

私達にはどうすることもできず、包茎治療には一定のリスクがあるのがわかるでしょう。

 

私達が気を付けないといけないのは、包茎治療をする時に高い技術を持った医師が在籍するクリニックを探すことです。

 

クリニック選びは非常に重要

 

クリニックによって在籍する医師は違い、スキルも違います。

 

豊富な経験を持ち、ミスをしない医師を探すことが大きなポイントです。

 

できればホームページをチェックし、過去の実績や医師がどういう人なのかを確かめましょう。

 

そうすることで安心して治療を受けられます。

 

無料カウンセリングを受けてみて、医師と実際に話してみるのもおすすめです。

 

信頼できると感じれば問題ないですし、もし少しでも不安を感じるようなら別なクリニックを当たってみましょう。

 

自分のペニスを治療するわけですから、妥協はすべきではありません。

 

切る治療法だと感度が低下することがあります。

 

確率としては低いですが、万が一のトラブルを考えてクリニック選びは慎重に行いましょう。

このページの先頭へ戻る