包茎治療すると感度が落ちる?性感帯ってどこなの?

包茎を治療すると感度が落ちたと感じる男性がいます。

 

包茎手術後の痛みに耐える男性

 

性感帯が切れていることが原因なのですが、治療によって切れることはあるのでしょうか。

 

また、性感帯の場所といわれる包皮小帯や包皮内板、尿道海綿体についても解説しています。

 

包茎手術で感度が落ちるのではないかと心配されている方は、是非読み進めてみて下さい!

 

 

包茎治療と感度低下の関係

 

包茎手術器具のイメージ

 

包茎治療にはいくつかの方法がありますが、代表的な方法が余分な皮をメスで切除するものです。

 

皮を切ることで亀頭を露出した状態にし治療するので、高い効果を期待できるのが特徴です。

 

ただ、この方法は感度が低下してしまうリスクも抱えています。

 

なぜか、それは皮を切除する時に一緒に「性感帯」に当たる部分も切除してしまうからです。

 

性感帯としては諸説ありますが、主に包皮小帯(裏筋)部分や包皮内板(亀頭を覆う内側の敏感な皮)に多く集まっているといわれています。

 

包皮小帯には、亀頭の裏側での「亀頭と皮をつなぐヒダのような役割」があります。

 

また、個人差もあるという意見もあります。

 

そのため、包茎手術の高度な治療を行うクリニックでは、包皮小帯を残すような治療法も準備されています。

 

逆に、早漏で悩む方などは、この性感帯を切除することで感度を下げ、早漏を予防するという目的で治療が行われることもあります。

 

 

ちなみに、包皮小帯そのものが性感帯ではなく、その皮膚下にある「尿道海綿体」と呼ばれる組織が性感帯であるという説もあります。

 

尿道海綿体は、尿道を保護するように包み込むように形成されています。

 

また、最近では早漏予防目的での小帯切除は意味がないといった意見もみられます。


 

もちろん必ずそうなるのではなく、いわゆる手術の失敗としてこうしたケースが見られます。

 

運悪く性感帯まで切られてしまった男性は、包茎は治ったものの感度が落ちて別な問題を抱えることになってしまいます。

 

医師のスキル不足が原因

 

こうしたトラブルが起きる原因は、主に医師のスキル不足です。

 

技術力が不足していると治療中にミスをしてしまうことがあり、これが感度低下を招きます。

 

私達にはどうすることもできず、包茎治療には一定のリスクがあるのがわかるでしょう。

 

私達が気を付けないといけないのは、包茎治療をする時に高い技術を持った医師が在籍するクリニックを探すことです。

 

クリニック選びの重要性とは?

 

クリニックによって在籍する医師は違い、スキルも違います。

 

豊富な経験を持ち、ミスをしない医師を探すことが大きなポイントです。

 

できればホームページをチェックし、過去の実績や医師がどういう人なのかを確かめましょう。

 

そうすることで安心して治療を受けられます。

 

無料カウンセリングを受けてみて、医師と実際に話してみるのもおすすめです。

 

信頼できると感じれば問題ないですし、もし少しでも不安を感じるようなら別なクリニックを当たってみましょう。

 

自分のペニスを治療するわけですから、妥協はすべきではありません。

 

切る治療法だと感度が低下することがあります。

 

確率としては低いですが、万が一のトラブルを考えてクリニック選びは慎重に行いましょう。

 

まとめ

 

包茎手術の感度と性感帯のまとめ

 

包茎手術における感度の問題は、なかなか一筋縄ではいかないようです。

 

性感帯の場所についても、諸説あります。

 

ただ、多くのは包皮小帯や包皮内板といった部分に集中していると考える意見が多いようです。

 

包茎手術で感度を落としたくないということであれば、この辺を医師に詳しくヒアリングをして、納得がいく形での治療を受けるようにしましょう。

 

また、一人の専門家だけでなく複数の専門家に意見を求めるセカンドオピニオンを積極的に採用して、納得がいく形で治療を受けるように心がけましょう。

 

このページの先頭へ戻る